基礎代謝を上げて効率がよいダイエットをしよう

基礎代謝は人間が生きていくうえで大事なエネルギーのことです。起きている時はもちろん、寝ている時にも体温を保ったり心臓を動かしたりと消費しているんです。基礎代謝が高い人はそれだけでカロリーを消費してくれるんです。ダイエットに大事な基礎代謝を上げていきましょう!

*

今すぐにでも実践出来る入浴や睡眠での基礎代謝を上げる方法

      2016/06/14

ダイエットをしてもなかなか結果が出ないという人は、生活習慣を見直すことをおすすめします。

基礎代謝とは、呼吸や体温調節などの生命維持に使われているエネルギーです。体重を落とすためには基礎代謝を上げることが重要ですが、代謝を上げるためには、入浴や睡眠などを見直すことによって、体温を上げることが重要となってきます。

日頃の生活習慣を変えるだけですので、今すぐにでも実践することのできる方法です。

入浴することで手軽に基礎代謝を上げる

入浴は簡単に体温を上げることのできる方法になり、体温が1度上がることで、基礎代謝が12%アップするとされています。

身体に負担をかけずに代謝を上げるためには、38〜40度程度のぬるめのお湯で、ゆっくりと温めていくことが重要です。しかし、長時間入っていると心臓に負担がかかったり、脱水症状をおこしたりする可能性があるため、注意が必要です。時間を長くとる場合には、途中で何度か湯船から出たり、水分補給をすると発汗作用もあり、身体も温まるでしょう。

睡眠を改善することで基礎代謝を上げる

睡眠にもコツがあります。お風呂に入って身体を温めたのに、そのまま湯冷めてしてしまっては寝付きが悪くなります。そのため、身体が温まっているうちに眠るようにします。

具体的な方法としては、お風呂に入るときには寝る3時間前くらいに入浴して、身体を温めて寝付きを良くしていきます。身体を温めることで、質の良い睡眠をとることができるようになります。

入浴と睡眠で筋肉を育て代謝を上げていく

代謝の多くは筋肉よって消費されます。また、筋肉の量を増やすためには、筋肉を増やすホルモンである成長ホルモンが必要です。そのため睡眠をとることで、筋肉を育てることのできるホルモンが分泌され、筋肉を育てることができます。

夜更かしなどの不規則な生活は、自律神経の乱れに繋がります。自律神経の乱れは代謝の低下にも繋がってしまうため、なるべく決まった時間に寝起きする、規則正しい生活を心がけていくことが大切です。成長ホルモンは22〜2時頃までに多く分泌されるため、この時間帯になるべく眠るようにしていきます。

ダイエットを行なうときには、食事や身体を動かすことばかり考えるのではなく、睡眠時間や入浴方法なども含めて出来るだけ規則正しい生活を目指し、生活全般を見直すことが必要となります。また、見直すことによって、ダイエットだけではなく、身体全体が健康的になっていくでしょう。